China News

ソフトバンク・ファンド主導の3.3億ドル投資を受けた生鮮アプリ

「叮咚买菜(DingDongMaiCai)」という生鮮デリバリーのアプリはビジョンファンドとその他VCより3億3000万ドルのシリーズD+の調達完了を発表した。当ベンチャーシリーズDラウンドの累計資金調達額は10.3億ドルに達しました

続きを読む

TikTokが内部運営をEU向けに公開、CATL:優良上場企業への総投資額を3040億円に

当社2020年の売上高は8051.04億円、前年比9.90%増。純利益は893.28億円で、前年比22.43%増となっている。2020年4月にトヨタ自動車が51%、パナソニックが49%を出資してに設立したプライムプラネットエナジー&ソリューションズ(PPES)が日経ビジネスの取材において、「寧徳時代新能源科技(CATL)には絶対に負けられない。開発・生産準備の生産性を従来の10倍に引き上げることで、信頼性や性能はもちろん、コストでも勝負できるようにする」と意気込んでいる事から、CATLの脅威が伺えるだろう。技術イノベーション関連ビジネスがどんどん「Winner Takes All」になっている今、日本企業が「三本の矢」のように戦わないと負けると、先人である毛利元就は嘆くかもしれません。

続きを読む